スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    リサイクルの一般原則

    リサイクルの一般原則


    一般的に次のような原則があるものと考えられる。

    1、リサイクルループは、できるだけ小さく。たとえば、ペットボトルの場合は、洗って再度利用するリユースが最良。しかし日本では行われていない。次が、ペット樹脂(材料)に戻して使うこと。これはマテリアル(材料)リサイクルと呼ばれる。最後が、化学原料に分解して使う方法でケミカルリサイクルと呼ばれる。

    2、手選別が最良。やはり人間が判断するのが現状では最良である。しかしコストは高くつく。

    3、次々と別の商品にするカスケードリサイクルよりも水平リサイクル(同製品)。

    4、再生回数には限界がある。劣化回避のために、どうしても新しい原料を混ぜる必要がある。紙の場合、繊維の寿命は、4回使用すれば尽きると考えられる。

    5、環境負荷を下げるには、使用量を減らすのが最善。


    ※2009年 現代用語の基礎知識より引用


    ◆あなたにぴったりの税理士を無料で御紹介致します by起業支援研究所

    無料税理士紹介会社「あんてな」by起業支援研究所
    関連記事
    スポンサーサイト
    プロフィール

    起業支援研究所

    Author:起業支援研究所
    FC2ブログへようこそ!

    お役立ち情報



    • SEOブログパーツ
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。