スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    発光ダイオード(LED)

    発光ダイオード(LED) (light emitting diode)


    p型とn型の2種類の半導体を貼り合わせた電子デバイスで、電流を流すことにより発光する。低電力で高輝度の発光が得られるという特徴を持つ。

    1960年代にまず赤色と黄緑色のLEDが開発され、さらに70年代に黄色が開発され、赤、黄緑、黄色のLEDが実用化された。1993年に長年の課題であった青色を発光するダイオードが当時日亜化学株式会社にいた中村修二博士らにより開発された。

    信号機やスタジアムの大型ディスプレイなどで広く使用されている。また、教数種類のLEDを組み合わせることにより白色の光を出す白色LEDも実現されており、今後照明器具に取って代わると期持されている。


    ※2009年 現代用語の基礎知識より引用


    ◆あなたにぴったりの税理士を無料で御紹介致します
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    起業支援研究所

    Author:起業支援研究所
    FC2ブログへようこそ!

    お役立ち情報



    • SEOブログパーツ
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。