スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    3、資金調達の「しまった!」/公庫を知らずに消費者金融に


    このシリーズでは、会社設立にまつわる失敗談を集めていきたいと思います。

    人は誰でも初めてのことをする時は、不安です。その不安を解消するには、何事も準備を怠らないこと。特に、失敗事例の研究は有効な対策です。ここでは、代表的なものをいくつか紹介したいと思います。


    3、資金調達の「しまった!」
    銀行に融資を断られ、消費者金融に。その後「公庫」「助成金」を知った!


    バリ家具の販売店を開業したK・Sさん(35歳女性)。

    前職はDTPのデザイナーで経済関連の知識に乏しく、開業資金の不足分の調達先は銀行しかないと思い込んでいた。

    が、銀行からは門前払い。会社は退職していたので、早く商売を立ち上げなければ生活ができなくなる。思わず焦って、消費者金融から限度額一杯を借り入れてしまった。

    当然のように、毎月の返済で青息吐息。後になって、知人から日本政策金融公庫や助成金制度の存在を聞かされた・・・。


    【この悲劇の背景と原因】

    独立開業に先立つ資金をどう調達するか。これは誰もが頭を痛めるテーマです。

    すぐに思いつくようなメガバンクは、信用のない個人に開業資金を融資してくれることはまずありません(一部の地銀や信金などには開業資金を融資してくれるところもあります)。

    その結果、K・Sさんのように消費者金融から借りる人もいますが、それは最後の手段です。というのも、消費者金融はあまりにに金利が高く、元金の返済さえままならず、しまいには返済のための借り入れをしてしまいがちだからです。

    そんな高金利の借金をしなくても済む制度が、実は政府や自治体によっていろいろ用意されています。

    ある程度の自己資金は必要ですが、審査に通れば開業資金を低金利で貸してくれます。事業計画書の作成方法といった開業に関する相談にも無料で応じてくれます。また、返済無用の助成金制度もあります。


    ◆教訓&回避法→開業資金の調達は、国金の利用が一般的

    借り入れが必要な場合は、政府系金融機関の日本政策金融公庫に相談をするのがベストでしょう。日本全国に支店があります。

    また、各自治体の商工会議所では、制度融資を紹介してくれます。


    ◆あなたにぴったりの税理士を無料で御紹介致します
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 起業・独立への道
    ジャンル : ビジネス

    プロフィール

    起業支援研究所

    Author:起業支援研究所
    FC2ブログへようこそ!

    お役立ち情報



    • SEOブログパーツ
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。